おいしい神楽コーヒーの淹れ方 その1(器具がない場合のクリーンカップ) | 染の種

染の種pasar aki... ユックリ日記

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

2019.05.26 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

おいしい神楽コーヒーの淹れ方 その1(器具がない場合のクリーンカップ)

2018.04.26 Thursday

 

1,必要なもの

・ネル布(内起毛で使用)がベストですが、今回は手に入りやすいハリオV60 1〜2杯用を使用しました

・石臼など豆を砕くもの

・深めのカップ

・クリップ(1カップを慎重に抽出するなら必要ありません)

・お湯差し(ビール缶を加工しましたが、これはだめでした※)

 

※アルミのビール缶は、内側にサビ止め塗料がコーティングされてるのか熱湯を淹れると変な匂いがします。しかも熱くて持てない。

 

 

2,円すいペーパーをこのように折り目をつけてから開き、カップにのせセットします。

 

 

3,カップの上からペーパーをのぞいたところ。目玉の中の折り目上辺が焙煎豆約12g、目玉の左右の端が焙煎豆約24gの目安になります。

 

 

4,目玉がわかりにくかったら、2のようにひし形に折り目をつけましょう。

短い対角線の頂点が1カップ120mlの焙煎豆約12g、長い対角線の頂点が2カップ240mlの焙煎豆約24gになります。

 

 

5,1カップ分、約12gの豆、70〜80粒くらい。

 

 

6,粗目に砕きます。ちょっと細かく潰れてしまいました。正確なミルだと一粒約3mm前後。松屋式粒度がおすすめです。

 

 

7,カップにセットしたペーパーに砕いた粉を入れます。カップを軽く振り、粉を水平にならします。中心に指を立て爪が埋まるくらいの粉の量のはずです。少し掘ると粉の端が第一関節の下辺りになればベスト配置です。コピルアを飲むときは良いとして毎回「コピルア」と呪文を言うのはみっともないからやめましょう。言うとすれば「神楽!」です。

ここで問題に気づきました。※吹きガラスは熱湯に弱いので使わないほうがいいです。

 

 

8,カップを普通の工業ガラスに変え、ドリップ開始。真ん中にまっすぐ落とします。下にコーヒーが落ち始めたら右回りで濡れたところと濡れてないところの境目にお湯をさしていきます。端まできたらペーパーをできるだけ濡らさないようにドリップ中止。

 

 

9,蓋をかぶせて3分から5分蒸らします。

 

 

10,抽出します。今度は端から中心に向かって右回りです。ペーパーから1cmくらい内側からスタートしましょう。中心まできたらペーパーから1cm内側まで戻るを繰り返しながら層の厚い中心部を丁寧に抽出します。泡を立てず全体がビシャビシャにならない程度に湯量を調節してください。湯はまっすぐ落とし、粉をかき混ぜないように。粉が動かないようにお湯を指すのがこつです。カップ内のペーパーフィルターの先端にお湯が触れないあたり60mlくらいで抽出終了です。お好みで60mlくらいのお湯を追加し、よくかき混ぜてクリーンカップの完成です。そのまま飲むもよし、お気に入りのカップに注いで神楽をお楽しみください。

 

以上、雑味を出さないクリーンカップの抽出方法でした。

神楽コーヒーは雑味も美味しいのでどちらかというと全出しがおすすめですが器具があったほうが楽ですね。

使用したグラスは、高さ10cm。もっと深ければ全出しできますね。ペーパーがコーヒー120mlに浸からない大きさの容器を使ってください。※10c以上の高さのグラスは径も6cm以上のものが多いのでペーパーが滑り落ちないようクリップで止めるか、1〜4杯用の大きなペーパーを使ってください。

 

 

11,お湯差しは熱くないよう紙コップを2つ重ね4mm以下の穴を開けました。お湯が落ちる方向、内側から斜め下に向かって穴を開けます。蓋があると完璧ですね。

 

 

12,ビール缶は簡単にポットが作れますが、内側のコーティングに問題があるようです。残念でした。

 

 

 

 

でも、ドリップポットとミルはあったほうがいいね。

僕の旅の友はいまこれです ↓
評価:
---
宮崎製作所
¥ 3,267
()
コメント:パイプ経4mm。1、2カップ用。旅の友。野点にも使っています。

評価:
---
HARIO(ハリオ)
¥ 1,980
()
コメント:旅の友です。1、2カップ用。計量できます!

| 空山珈琲 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2019.05.26 Sunday
| - | - | - |
Comment








Trackback
Trackback URL: http://pasaraki.jugem.jp/trackback/1579
<< NEW | TOP | OLD>>
 
 

PAGE TOP↑
| / |