onomichi | 染の種

染の種pasar aki... ユックリ日記

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

縄文の心と野生の力

2011.11.11 Friday










カガラ山の麓で開催された満月祭で「縄文の心」と「野生の力」に触れる事ができた!みんなはそれを奇跡と呼んでいる。やっぱりカガラ山は神々が楽しむ山だった。あっぱれ!これからも毎月満月に何かが起こるはず。pic.twitter.com/2qGqf4Zp

| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

尾道パサール満月祭

2011.11.11 Friday
























111111○祭

日の入りから日の出まで、 月の出から月の入りまで
○の下でみんな遊んだ。

150人の仲間が月明かりを全身に浴びて踊った。

マヤ暦がなくなった意味が111111で確定され、11時11分以降、時間の概念が飛んだ。

そして、

タイムテーブル8時間半押しという日本新記録を樹立した。

奇跡の祭りだった。

奇跡は、前日から100%雨の予報を蹴散らし、当日も雨雲を吹き飛ばした。

機材がどんどん壊れ、人も転がり救急車も来た。

UFO も2回来た。

それでも何事もなく、みんな楽しんだ。
| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

Takacosmos

2011.11.11 Friday





















Takaちゃんは火の女神。
彼女がいれば祭は必ず成功する。
11月11日、尾道パサール満月祭も奇跡が起きた。
| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

ブラジルナイト 3rd

2011.11.07 Monday


| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

グリーンレモンの販売開始!

2011.11.04 Friday



Pasarオーガニックのグリーンレモンは、
農薬・化学肥料は一切使わず、自然栽培で育った美味しくて安全なレモンです。

薬品は一切使ってないので大きさ、形はいろいろ自然のままです。

だから、皮には有効酵母菌が沢山生きています。

保存は新聞紙を巻き、ビニールで包み冷蔵庫に入れれば半年は持ちます。

市販の輸入レモンは有害な薬品だらけ、皮から丸かじりできません。
たとえば、アメリカでは、レモン−13農薬、オレンジ−16農薬、グレープフルーツ−13農薬が、ポストハーベスト農薬として認可されています。その中で防かび剤、OPP(発ガン性)、ジフェニール(DP)(ラットで腎臓、尿細管異常)、イマザリル(発ガン性)、TBZ(催奇形性)のポストハーベスト農薬については、日本は「保存」のための食品添加物として認可しています。柑橘類に使われているこれらの農薬は非常に分解しにくいので、収穫後何ヶ月経ってもカビが生えないことになるのです。こんな果物が新鮮だと言えるでしょうか。
しかも、防かび剤の食品添加物以外のポストハーベストについては、使われていても表示されていないのでかわかりません。

安全で美味しくて安い!パサールレモンを○かじりしよう!

ゆうパック60サイズ1箱*約2kgのグリーンレモン(20個くらい)
¥1000(送料別・着払いのみ)

振り込み先:郵貯銀行
パサール満月海岸
パサールマンゲツカイガン
記号15350 番号1947871


<ご注文シート>

1、上の<ご注文シート>をクリックして、注文書にお名前・ご住所・郵便番号・メールアドレス・電話番号・箱数を書いて注文を送信してください。
2、注文確認メールが届きましたら代金¥1000/1箱を上記振込先へ振り込んでください。
3、振込みが確認できましたら、尾道から採りたてレモンを発送いたします。
4、送料は「ゆうパック60サイズ」の着払いです。

※<ご注文シート>が開けないお客様はメールで damce@pasar-moon.com へ上記<1>の内容を書いて注文してください。


美味しいレシピも紹介しています。
パサールオーガニックレモンの使い方
| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

Pikaia Pandeiro Ppecial がやってくる!

2011.10.25 Tuesday




pikaia pandeiro special(A3)

渡辺隆雄tp 山田"やーそ"裕7st-g 小澤敏也perc

11/7(月)尾道 やまねこカフェ 0848-21-5355

尾道市土堂町2-9-33

『brasil night!』

opening -act/JIMONOLIVE,ぼびぃの紙芝居

shop/パサール満月海岸,ikadakazuracafe

18:00open/18:30start

前売¥2,500/当日¥3,000

予約&問い合わせ→dance@pasar-moon.com

080-4550-8300(パサール満月海岸)





繰り広げられるリズム・パラダイス!
スケール大きな待望の三作目!!QUE ZONA -キズナをひっさげ

pikaia pandeiro specail がやってくる!


彼らの音楽を一度聴いたらそのメロディとリズムが耳から離れなくなる。トランペットが奏でる実直なメロディはどこか懐かしい感情を呼び起こし、打楽器が叩き出す頑ななまでに一本気なリズムは最後まで全力で走り抜ける。この"ひたむきさ"は今の日本人が忘れかけているものではないだろうか。
ケペル木村(MPB/中南米音楽)・・・ライナーより抜粋
| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

モンゴルナイトのお知らせ

2010.12.21 Tuesday
mongol2_1.jpg
mongol1_1.jpg

| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

トロピカルナイトのお知らせ

2010.11.24 Wednesday
tropicalnight600.jpg
12月19日@kitchen Natty(福山)
open 5:00 pm start 6:00 pm
出演:marron a.k.a dubmarronics /デリケート・ラオス・バンド/DJ seba





| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

PaPaPaPPPAAA

2010.11.13 Saturday

いよいよブラジルナイト!
11/15(月)19:30start@尾道 やまねこカフェ
昨年に続いての尾道、海沿いの素敵なカフェにて。

踊ろう!


というわけで
"尾道発の音楽"を目指すバンドJIMONOLIVEの最終リハを見学してきました。
1年ぶりに訪ねた向島のスタディオは、熱気あふれるラテン系。
演奏もトランペットが加わり絶好調!
1曲目からぶっ飛ばします!

P1390543.jpgkeiki(ピアノ、ボーカル)
P1390443.jpg立(ベース)、永井真介(ギター、ボーカル)
P1390569.jpgベン(トランペット、コーラス)
P1390503.jpgオカノハジメ(ドラム)
P1390705.jpg
P1390703.jpg
P1390615.jpg
JIMONOLIVEはパワフルだ!

JIMONOLIVEは楽しい!

JIMONOLIVEはカッコ良過ぎる!

パンデイロも叩くよ。

pikaia1.jpg<ブラジルナイト>
聴いてまさに血が騒ぐトランペットと7弦ギター、そしてパンデイロとビリンバウが織り成すアフロ・ブラジル・ピカイア・ワールドへ!!
アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった三種類の「ストレス対処物質」が分泌され身体全域で末梢神経系の働きそのものを活性化させるので嫌でも身体はビンビンになります。

<Pikaia Pandeiro Special >
"Jazz and beyond"な活躍を続けているトランぺッター、渡辺隆雄。
マルコス・スザーノの思想と精神を継承する野人パーカッショニスト、小澤敏也。
この2人のデュオ・ユニットから発展した pikaia pandeiro special の音楽は、たんなる "アフロ・ブラジル音楽とジャズ〜ファンクのミクスチャー"ではない。
そこには、さまざまなルーツ・ミュージックへの敬意と探究心に加え、"東京発の音楽"を目指す爽快なアドヴェンチャー精神がみなぎっている。
今回は7弦ギターの山田"やーそ"裕さんが参加します。


11/15(月)尾道 やまねこcafe
18:30open/19:30start
¥2,000/¥2,500

どこよりも安いパサール尾道価格です!
月曜日だけど無理して来る価値大あり!

楽しい美味しい出店もあります。
YES、ぼびぃの小さなパン屋さん、ikadakazura cafe、パサール南国食堂など

(予約・問)パサール満月海岸(アキ)
090-6001-6111
dance@pasar-moon.com



| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |

ジャガイモ

2010.02.06 Saturday




はらっぱにジャガイモを何種類か植えた。ヒトシさんは、東京から引越し途中にもかかわらず、まるで墓堀人のように深い穴をいくつも掘ってくれた。
| onomichi | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

PAGE TOP↑
| 1/14 | >>